レイクでの返済方法の種類

キャッシング限度額の増額調査サイトまとめ

レイクでの返済方法の種類

レイクの返済方法にはどんなのがある?

レイクでは基本、振込とレイクATM、そして提携ATMを使った借入方法がありますが、返済方法はどうでしょうか?返済は5つの方法から選べます。Web返済とレイクATM、提携ATM、そして自動引き落としと銀行振込です。それぞれの特徴についてまとめます。

Web返済の特徴と方法

Web返済を使う方法では、パソコンやスマホや携帯から返済手続きができます。手数料はかかりません。三井住友銀行やりそな銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行などのインターネットバンキングの利用が必要ですが、営業時間外であってもすぐに反映されるので即効性があります。深夜や天候が悪い時ではなかなか外出するのが難しいですが、わざわざ出かけなくても自宅でネットを使って簡単に返済手続きができます。手続きは公式サイトの会員ページから行えます。

レイクATMの返済の特徴と方法

レイクATMと提携ATMの利用料はどちらも無料です。よくATM利用では数百円お金がかかることがありますが、夜間でも休日でも無料なのがうれしい点です。カードがあってもなくても返済が可能です(カードなしだと電話番号と生年月日とカード暗証番号が必要)。まとめて一括返済を行うことも可能です。レイクATMの場合は利用時間が決まっているので注意が必要です(平日と土曜日が7時30分〜24時。日曜日と祝日が7時30分〜22時。第3日曜日が7時30分〜20時)。

レイクでの返済方法の種類



提携ATMの返済の特徴と方法

コンビニや銀行のATMを使った返済もできます。こちらも手数料無料です。コンビニの利用であれば時間を機にせず手続きできるのがメリットです。ただ提携ATMの場合は1,000円単位でのお金の扱いとなるので、一括返済できないデメリットもあります。

銀行振込での返済の特徴と方法

レイクが指定する口座へ振込するという形でも返済可能です。この場合はレイクのカードは必要ありません。振込先情報は会員ページで確認可能です。ただし各金融機関の振込手数料がかかるのがデメリットです。こちらは一括返済可能です。

自動引き落としでの返済の特徴と方法

自動引き落としの場合も手数料はいりません。この方法が良いのは、どこにも行かずにすむことと、うっかりして返済を忘れるということがないことです。もちろん引き落とし口座にお金を入れていないといけませんが、通常他の支払いでも落としている銀行口座であればうっかりミスは防ぎやすいです。引き落とし日は毎月14日か27日となります(引き落とし日に金融機関が定休日の場合は翌営業日)。

 

 

【レイクよりいいよ!管理人の私が借りてる所はココ!】

 

【レイクより人気で利用者が多いランキング】

 

【↓↓レイクの限度額を増額↓↓】

 

レイクの利用限度額を増額する方法はコチラ