レイクの借り入れの仕組み

キャッシング限度額の増額調査サイトまとめ

レイクの借り入れの仕組み

レイクで借入する方法は?

無利息期間で有名な新生銀行レイクは、借入方法においてもお得な内容になっています。レイクの借入は主に振込によるものか、ATMを利用するものかの2つのパターンがあります。まずインターネットを使う場合ですが、本人名義の金融機関口座登録をしておけば営業時間内に手続きすることで即日振込をしてもらえます(月曜日は1時〜24時、火曜日から日曜日が0時15分〜24時の間)。この時間帯であればほぼ24時間に近い時間帯で申し込みできるので、面倒なく手続きができます。ただし平日14時45分までに手続きを終える必要があります。それ以降や土日祝日となるとその日のうちの振込はできず、翌営業日の振込になるので注意です。でももし夜間や土日祝日に借入をしたいという場合は、別のパターンであるATMの利用をすればOKです。ATMには2つの種類があります。自社のレイクATMと、銀行やコンビニなどにある提携ATMのどちらかです。まずレイクATMですが、日本全国にあって公式サイトから場所を確認できます。利用時間は年中無休で平日と土曜日が7時30分〜24時まで利用可能です。また日曜日と祭日が7時30分〜22時までOKです。利用時間帯について注意なのは、第3日曜日の営業時間が7時30分〜20時までとなることがあるという点と、自動契約機は24時間営業でもATMはそうでない場合があること、また新規契約者の当日中の融資については8時45分〜21時までになるなど例外がいくつかあるという点です。最寄りの自動契約機やATMの営業時間については公式サイトから確認しておくと良いです。ちなみにレイクのATMでは暗証番号の変更や、1万円札の両替、借入内容の詳細を記載した書類の発行が可能です。

レイクの借り入れの仕組み



提携ATMは手数料無料?

レイクのいい所は、提携ATMの利用手数料も無料になるということです。利用時間は月曜日が朝5時から23時50分、火曜と水曜が0時10分から23時50分、木曜が1時30分から23時50分、金土日が0時10分から23時50分までとなっています。第3日曜日だけ0時10分から20時までとなっているので注意です。自社ATMはタダでも提携ATMは手数料がかかるとなると、コンビニATMは近くにあってもレイクATMはないという人にとっては痛いです。でもどちらもタダなので気軽に使えて便利です。ゆうちょ銀行については利用時間が少し異なっているので使う予定のある人はチェックしておきましょう。ちなみに今レイクでは利息のキャッシュバックキャンペーンを行っているので、無利息期間が終了した後や超過分の利息についてお得になります。新規契約を考えているのなら早めに申し込むと良いでしょう。

 

 

【レイクよりいいよ!管理人の私が借りてる所はココ!】

 

【レイクより人気で利用者が多いランキング】

 

【↓↓レイクの限度額を増額↓↓】

 

レイクの利用限度額を増額する方法はコチラ