レイクの金利設定の特徴

キャッシング限度額の増額調査サイトまとめ

レイクの金利設定の特徴

お金を借りる時に多くの人が気になるのは、利用限度額や利用期間、また借りやすさなどですが、やはり一番気になるのは金利でしょう。金利が低ければ低いほど払う利息は少なくなりますから、できるだけ金利が安いところで借りたいというのがふつうです。では新生銀行が運営するレイクの金利はどうでしょうか?

 

レイクの金利設定の特徴

 



レイクは銀行のカードローンだが、金利は高い

利息制限法によると、お金を貸す時に適用していい金利には制限があります。かつては利息制限法と出資法という別の法律との判断があいまいで、20%を大きく超える金利の適用が存在しました。これがいわゆるグレー金利問題の原因の一つとなっていましたが、現在では最大でも20%までとなっています。その最大適用可能金利は貸付限度額によって決まっていて、10万円未満なら年20%まで、10万円以上100万円未満なら18%まで、そして100万円以上なら15%までとなっています。消費者金融のカードローンでは18%を新規の契約者に適用するのが一般的です。銀行のカードローンの場合は14%前後が標準と言えます。ただ銀行に関しては上限金利の設定がばらばらで、1ケタという安い金利を設定することもあります。では銀行のカードローンであるレイクはというと、実は上限金利が18%です(下限金利は4.5%)。

 

これは消費者金融のカードローンの利率の相場と同じです。ですからとにかく金利が安い所がいい!という人にとってはこの金利は特に魅力にはなりません。ただし消費者金融系のカードローンと比べればおなじ水準なので、そう割り切れば普通の金利です。しかもレイクには利息に関してうれしいサービスがあります。

2つの無利息期間はレイクだけ

初めて借入を経験するという人は特に、利息の存在がネックになります。利息の計算はそんなに難しくないですし、シミュレーションができるようにもなっていますが、それでもどれだけ利息がかかってしまうか心配と言う人は少なくないでしょう。この点レイクは無利息期間サービスを実施しているので、不慣れな人にも気軽に借入体験ができるようになっています。1つ目のタイプは「30日間無利息」になるというものです。契約翌日から数えて30日間は利息がかからないので、例えば10万円を借りても返済金額は10万円と同じです。もうひとつの無利息期間サービスは「5万円まで180日間無利息」というものです。金額は5万円内と制限があるものの、6カ月もの間無利息期間を堪能できるというとてもお得なサービスです。大きな金額は借りる必要がないという人であれば、こちらが期間も長いですしお得です。レイクの金利は他の銀行のそれと比べて決して安くはないですが、消費者金融系のカードローンと比べれば普通ですし、こうした無利息期間サービスを使えばリーズナブルな借入が可能です。

 

 

【レイクよりいいよ!管理人の私が借りてる所はココ!】

 

【レイクより人気で利用者が多いランキング】

 

【↓↓レイクの限度額を増額↓↓】

 

レイクの利用限度額を増額する方法はコチラ