レイクでお金を引き出す方法

キャッシング限度額の増額調査サイトまとめ

レイクでお金を引き出す方法

レイクはどんな引き出し方法が可能?

新生銀行が運営するレイクは、パソコンやスマホやその他の携帯電話はもちろん、自動契約機や電話や郵送などいろいろな方法で借入の申し込みをすることができます。最近はネット社会なので、自宅や外出先で簡単に手続きができるのが人気ですが、レイクならそれが可能です。では借入をした時にお金を引き出すにはどうしたら良いでしょうか?レイクではいくつかの引き出し手段が用意されているのでそれをご紹介します。

レイクでお金を引き出す方法



カードレスで振込してもらう場合

レイクではキャッシュカードを発行することもできますが、最近ではカードレスタイプの契約も始まりました。カードレスの場合はWeb完結が可能で、郵送もなくネットを全て使ったサービスなので手軽で人気です。カードを発行する場合としない場合で、引き出し方法は少し異なります。カードレスの場合はATMの利用ではなく、振込をしての借入となります。申し込み者名義の金融機関口座を登録しておけば、会員ページからの手続きでその口座に振り込んでもらえます。あとはその金融機関のキャッシュカード(レイクのカードではありません)を使えばその金融機関のATMなどから引き出しができます。もしATMなどを利用する必要がないのであればカードレスでも支障がないです。カードがない分他の人にうっかり利用がばれてしまうリスクも少ないですし、自宅にカードが郵送されることもないのがメリットです。最初はカードなしにしてみて、利便性があればカードを後から申し込んでもOKです。

カードを発行する場合

カードを発行する場合は、レイクのATMや提携ATMの利用も可能になります。どちらの場合も利用手数料がかからないので気軽に使えます。レイクのATMなら夜間も休日も手数料がありません。利用時間は年中無休で朝7時30から利用可能です。平日と土曜日は24時までで、日曜日と祭日は22時までとなっています。レイクのATMは日本全国たくさんあるので手軽に利用できます。提携ATMの利用も可能です。コンビニにあるATMで「新生銀行」か「新生銀行レイク」のロゴがあれば使えます。ファミリーマートやサークルKサンクス、ポプラ、セーブオン、デイリーヤマザキ、スリーエフ、セイコーマートなどがOKです。また銀行のATMでも利用できます。セブン銀行やイオン銀行、ゆうちょ銀行などのATMを使えば、ほとんどどこでも利用可能なので、仮にネットがないとしてもそれほど不便なく借入可能です。もちろん返済も可能です。

 

 

【レイクよりいいよ!管理人の私が借りてる所はココ!】

 

【レイクより人気で利用者が多いランキング】

 

【↓↓レイクの限度額を増額↓↓】

 

レイクの利用限度額を増額する方法はコチラ