レイクは低金利?

キャッシング限度額の増額調査サイトまとめ

レイクは低金利?

レイクの金利は高い?安い?

レイクと言えば消費者金融のイメージが強いですが、実は新生銀行運営の銀行カードローンです。一般的に消費者金融系は金利設定が高く、銀行のカードローンは安いのが相場です。例えば消費者金融大手のプロミスは4.5%〜17.8%、アコムは3.0%〜18.0%、モビットなら3.0%〜18.0%という感じです。銀行のカードローンでは、みずほ銀行なら5.5%〜14.0%、三井住友なら7.0%〜14.5%、住信SBIネット銀行なら4.39%〜7.99%となっています(プレミアムコース)。こうしてみると消費者金融のカードローンがだいたい18%くらいで、銀行のほうは14%前後です。中には住信のように特別安いカードローンもありますが、プレミアムコースであればやはりそれなりに審査基準が厳しくなるでしょう。ではレイクの金利はどうかというと、年4.5%〜18.0%となっています。

レイクは低金利?

下限金利を見ると、消費者金融業者を含めてだいたい4%前後となっているのでスタンダードですが、上限金利に関しては銀行の金利というより消費者金融の金利と同じになっています。ですから銀行のイメージでいくとレイクの金利は高いです。ただかつてレイクは消費者金融でしたので、消費者金融のレベルと同じでもそれほど違和感がないのも事実です。

レイクの金利の適用方法

レイクの限度額は最大500万円となっています。この中でどれくらい借入をするかどうかで適用金利は変わってきます。大きく分けると200万円以下の借入と200万円を超える場合とで状況は異なります。まず200万円以下の場合ですが、こちらは利用残高を基準として借入利率が決定されます。利用中の契約における最大の借入残高によって利率が決まります。金利表によると、1円から999,999円までの残高なら15.0%〜18.0%の金利が適用されます。そして100万円〜200万円までは12.0%〜15.0%となります。仮に一度でも100万円以上の借入残高を達成すれば利率が変更されます。この場合では18%が自動的に15%になるということです。仮にその後返済をしていって100万円未満の残高になってしまっても、この利率は変わりません。200万を超える借入となる場合は、契約限度額がいくらになるかで適用利率が変わります。200万を超えて300万以下なら9.0%〜15.0%、300万円を超えて400万円なら7.0%、そして400万円を超えて500万円までなら4.5%と下限利率が設定されます。一般人で500万円までの借入を達成できる人はなかなかいませんが、増額などによって少しずつ利用可能額が変われば、より低金利を適用してもらえます。

 

 

【レイクよりいいよ!管理人の私が借りてる所はココ!】

 

【レイクより人気で利用者が多いランキング】

 

【↓↓レイクの限度額を増額↓↓】

 

レイクの利用限度額を増額する方法はコチラ