レイクは銀行?消費者金融?

キャッシング限度額の増額調査サイトまとめ

レイクは銀行?消費者金融?

レイクは銀行?消費者金融?

「新生銀行レイク」と書かれている広告やCMを見て、不思議に思ったことのある人は少なくないでしょう。レイクは昔から、プロミスやアコムなどと同じく高い金利帯(レイクは29.2%)でお金を貸し付けていた消費者金融として知られていました。しかし現在では新生銀行と一緒に表記されているので、レイクは銀行なのか消費者金融なのかと疑問に思った人もいるはずです。結論から言うとレイクは銀行です。しかしわりと最近までは消費者金融でした。どういうことかというと、レイクは外資系のジェネラル・エレクトリックという企業の金融部門が提供していた貸金サービスでしたが、グレーゾーン金利問題やそれに伴う過払い金請求などを機に経営が悪化したため、新生銀行が買収する形となりました。同じようなことはプロミスやアコムでも起きましたが、レイクと違ってこれらの会社は消費者金融業者として貸金業法のもとに運営がされています。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの一員で、プロミスは三井住友フィナンシャルグループの一員ですが、両者とも携帯としては消費者金融業者という区分にいます。一方レイクの場合は新生銀行の個人融資をする部門としての位置づけなので、銀行法に基づく銀行サービスなのです。ですからこの両者の間には違いが出てきます。例えば総量規制の適用があるかないかが大きな違いです。

レイクは銀行?消費者金融?



レイクは総量規制の対象外

総量規制というのは、「借入を申し込む人が借りられるのは、その人の年収の3分の1まで」という決まりの事です。これによって借り過ぎを防ぐことができ、一種の保護柵となっているのです。この総量規制が適用されるのは消費者金融業者に対してですが、ユーザーの中にはこの総量規制がネックになって、借りたい金額を借りられないと感じている人もいるでしょう。しかしこの点レイクは銀行ですから総量規制の対象にはなりません。ですから借入額を多く希望する人にとっては、レイクのカードローンのように規制外のサービスのほうが良いというわけです。ちなみに専業主婦に関しては収入がないわけですが、実は専業主婦の場合は配偶者との年収の合算の3分の1まで借入が可能になっています(配偶者貸付制度)。ですが消費者金融業者でなかなかこの配偶者貸付を行ってくれるところはありません。一方銀行のカードローンであれば、専業主婦に対しても融資をしてくれることが多いです。レイクの場合は、専業主婦に関してはグレーとされることが多いです。審査に合格したという人もいますが、無理という人もいます。銀行の強みである低金利や専業主婦の借りやすさからいくと、銀行としてのレイクは微妙な立場にあります(レイクは上限金利が18%)。しかしもともとは消費者金融だったので、そのイメージを持ってみると、「5万円まで無利息期間サービス」があったり、ネット上で全て手続きできるWeb完結サービスがあったりと利便性は高いので、十分魅力があります。

 

 

【レイクよりいいよ!管理人の私が借りてる所はココ!】

 

【レイクより人気で利用者が多いランキング】

 

【↓↓レイクの限度額を増額↓↓】

 

レイクの利用限度額を増額する方法はコチラ